Disused article recovery

年末の大掃除には不用品回収

年の終わりにする一大イベントと言えば、大掃除。普段の掃除で出来ないこと、あえてやらないことに加えて、大掃除だからこの機会にしてしまおうということも多々あると思います。
そして掃除とともに出てくる、要らないもの、使わなくなったものをこの先、どうするかが悩みどころだと思います。
個人的には、毎年この時期に洋服を一斉に処分してしまうというのが一番楽だと考えています。時間にも普段よりも余裕があり、一人で出来なければ、家族や友人に手伝ってもらえればいいと考えるからです。
着るもの着ないもの、を分けた後に、着ないものをどうするのかを考えます。着ないものであれば、キレイにたたみ、クリーニングに出すものは出して、リサイクルショップに売ってしまうのがベストだと思います。細心の注意をするならば、その服が誰が着ていたかを悟られないようにすることです。クリーニングに出していても、たまたま内ポケットにメモが1枚残っていただけで、わかってしまう人にはわかってしまうんです。
何事も丁寧に。ポケットの中をチェックするのは当たり前。裏地が破れてその隙間から…なんてことがないように!
子ども服はそのまま、一度洗濯をし、周りに着られそうな子がいれば、声をかけてあげてしまうのが、一番です。
子ども服は名前が書いてあることが多いので、出来るだけ消す努力をしましょう。
年末の大掃除。少しでもすっきりさせて、新年を迎えたいですね。

TOP